野球肩の治療院を大津市でお探しなら大津健スマ整骨院へ

こんなお悩みありませんか?

☑ ボールを投げる時に肩が痛む

☑ 腕を上げることも辛い

☑ シャドーピッチングでは痛みが出ることが少ない

☑ 軟式から硬式に変わってから痛みが出てきた

☑ レントゲンでは異常がないと言われた

野球肩について

野球肩とは、繰り返す投球動作によって発症した肩の痛みを主とする肩関節障害の総称で、一般的は使いすぎの障害として徐々に痛みを発症することが多い障害です。

主に野球のスローイング動作をきっかけとして肩に生じる痛みですが、肩関節に付着している腱や筋肉、骨の損傷のことなので、野球だけでなく、テニスやバレーボールなどの、肩や腕大きく回すスポーツ選手に多く見られる怪我です。

野球肩の原因

野球肩を発症する主な原因は、肩のオーバーユース(使いすぎ)です。過剰な負担がかかりすぎているがために、発症してしまっているのですが、練習を休めば治るのかというとそうではありません。

投球動作やテニスやバレーボールなどのスマッシュ動作は、肩や腕だけで動かしているのではなく、「下半身→体幹→上半身」のように全身の一連の動きで行っているのです。

ですので、野球肩の症状を改善していくためには、肩だけ治療を行なっていてもいつまでも治りません。主に、股関節の柔軟性が低下していること、体幹部や肩部のインナーマッスルが使えていないことが根本的な原因として考えられます。またフォームが崩れている可能性もあるので、様々な要因が絡み合って、症状を発症していると考えられます。

当院ならではの捻挫治療

炎症を抑える
オーバーユース(使いすぎ)によって、肩関節の内部で炎症反応が起こっていることが多いので、痛みをコントロールする「ハイボルト治療器」を使って、まずは症状を軽減させます。
柔軟性の向上
全身の柔軟性を伸ばしてあげることで、肩関節にかかる負担を減らしていきます。主に筋膜リリースという方法で、股関節、肩甲骨の動きを改善していきます。
筋力の向上
柔軟性が低下している原因として、体幹部や肩部のインナーマッスルが使えていないことがほとんどです。インナーマッスルを強化する専用の機械を使用して、筋力の向上を図ります。

ご来院から施術までの流れ